斜頭症に関する論文の紹介

ここでは斜頭症に関する論文を紹介いたします。

① 斜頭症の4大合併症

“Relation Between Side of Plagiocephaly, Dislocation of Hip, Scoliosis, Bat Ears, and Sternomastoid Tumours”
Archives of Disease in Childhood, 01 Apr 1971, 46(246):203-210

”A relation is described between plagiocephaly and four structural lesions in children who have two or more of these five features. The flat temple in plagiocephaly, a unilateral congenitally dislocated hip, a scoliotic convexity in a young child, and a sternomastoid tumour tend to be on the same side, and a unilateral bat ear on the opposite side. “

タイトルから分かるように、斜頭症は「股関節脱臼」「脊柱側湾症」「コウモリの耳」「胸鎖乳突筋腫」と関係が深い、というものです。

論文の発表年を見ていただくと分かりますが、これは1971年。
最近ではあまり使われない単語があるのでそこは注意が必要です。
現代では「股関節脱臼」「乳児(もしくは幼児)脊柱側湾症」「耳介変形」「筋性斜頸」となるでしょうか。

股関節脱臼は、実際は「斜頭症性股関節偏位症」でしょう。
これは日本の報告があり、「股関節肢位の外転制限側と頭部変形側との分布には最高度に有意の関連性を認 めた」「左後頭部圧平例では右外転制限例が圧倒的に多く,右 後頭部圧平例では左外転制限例が圧倒的に多 い」となっています。
「新生児の股関節肢位とその片側優位性に関する研究」北関東医学 : 30(6):(511) 511~431, 1980

「脊柱側湾症」も多く見られ、将来的に背骨が曲がってしまうというだけでなく、乳幼児期から曲がってしまうケースが少なくありません。これは現在はかなり知られている事なので、論文は割愛します。
「耳介変形」は「左右の耳の見え方が違う」とご両親が言われるケースが多いのですが、中には耳介(耳たぶ)が潰れてしまうケースも。これも良く知られているので論文は割愛。
「筋性斜頸」も多いケースです。筋性斜頸だから斜頭になりますし、斜頭だから筋性斜頸になる。ここは悪循環を生じてしまっています。これも同様に割愛。

論文ではレベルに関しての言及はされていませんでした(1971年当時、斜頭症はあまりレベルを論じていなかった)ので、正直レベル1の方は気にしなくても良いと思います。
ですが、レベル2になるとやはり股関節の動きの左右差は出始めますし、レベル3位上ですと、大なり小なり、これらの症状は出てくる。
ですから、小児科医や保健師の方々は頭の形で悩まれているご両親が受診されましたら、経過観察ではなく、適切な指導もしくは専門医への紹介をして頂きたいと切に願います。

② 斜頭症と発達遅延1

”Cognitive Outcomes and Positional Plagiocephaly”
Pediatrics 143(2):e20182373 ・ January 2019

”School-aged children with moderate to severe PPB scored lower than controls on cognitive and academic measures; associations were negligible among children with mild PPB. The findings do not necessarily imply that these associations are causal; rather, PPB may serve as a marker of developmental risk. “
「中等度から重度のPPBの学齢期の子供は、認知的および学術的尺度のコントロールよりも低いスコアを記録しました。 軽度のPPBの小児では、関連性は無視できました。調査結果は、これらの関連が因果関係であることを必ずしも意味するものではありません。むしろ、PPBは発達リスクのマーカーとして役立つかもしれません」

PPB、というのは“positional plagiocephaly and/or brachycephaly”(位置性斜頭症及び/若しくは短頭症)の事。
斜頭症は結構いろんな省略形が使われていて、論文をこれから読もうという方は混乱するかも知れません。

他に良く使われるものとして、
・positional plagiocephaly (PP) 位置性斜頭症
・plagiocephaly without synostosis (PWS) 癒合のない斜頭症
・occipital plagiocephaly (OP) 後頭斜頭症
PPは良く使われていますので最初はこれを見ると良いかも。

脱線しましたが、中等度以上の斜頭症のお子さんは、因果関係は不明だが認知関連の低下のある子が多いというものです。
一応、「因果関係であることを必ずしも意味するものではない」は常套句なので、これを以て「斜頭症と認知の低下は関係がない」という判断は間違いです(こんな主張をした方がいましたので、ここはきちんと否定しておきます)。

これが何を意味するのかというと、斜頭症の矯正は将来的に療育とセットになる可能性を示唆しています。
私の治療院は療育施設でもあるので、斜頭症で悩まれてお越しになるお子さんの簡易発達検査を斜頭症の矯正を始めた当初から全事例で実施しています。

こう言った背景がありますので、私のところに来られた赤ちゃんの中には家庭での“予防的療育指導”が入るお子さんがおりますので、予めご了承ください。

③ 斜頭症と発達遅延2

Plagiocephaly and Developmental Delay
Journal of Developmental & Behavioral Pediatrics: January 2017 - Volume 38 - Issue 1 - p 67?78

“This review suggests plagiocephaly is a marker of elevated risk of developmental delays. Clinicians should closely monitor infants with plagiocephaly for this. ”
「このレビューは、斜頭症が発達遅延のリスク上昇のマーカーであることを示唆しています。このため、臨床医は斜頭症の乳児を注意深く監視する必要があります」

念のため、ですが私が問題にしている斜頭症はレベル1などの軽い斜頭症ではなくレベル3以上の中程度~重度の変形を伴った斜頭症です。
斜頭症と言われるケースの多くは軽度とされるもので、軽度であればポジショニングや改善を促すマッサージなどで軽減できていきますし、より軽いもので有ればそれこそ成長と共に改善していきます。
ただ、それはあくまで軽度のもの。
中等度?重度は自然では改善しませんし、今回の論文でも書かれているように発達遅延のリスクマーカーになってしまいます。

さて、発達遅延は初めに何から起こるのかというと、運動面に症状が出てきます。
寝返りが遅い。
座れない。
ハイハイが遅い。
そして言葉が遅い。
ここまできたら正直言うと小学生になっても尾を引いてしまいます。
それなので、「べびきゅあ」では斜頭症のお子さんが初診で来られると発達チェックを行うのです。
ご両親によるチェックをしてもらい、それが適切なチェックがされているかを確認。
場合によっては家庭療育指導を行う。
これは「べびきゅあ」が療育施設を兼ねているからこそできる事なのです。

あなたが相談した“専門家”は療育に詳しいですか?
もちろん、斜頭症に詳しいでしょうか?
当然ながら医療国家資格を所持していますか?
そうでなければ相談相手として不適切です。

④ 斜頭症の赤ちゃんと眼科系疾患

“Ophthalmologic findings in patients with nonsyndromic plagiocephaly. “
Journal of Craniofacial Surgery 14(4):529-32.

“Children with deformational plagiocephaly do not have an increased prevalence of strabismus compared with the general population but do have an increased prevalence of astigmatism, whereas children with nonsyndromic craniosynostotic plagiocephaly have an increased prevalence of strabismus and astigmatism. ”
「変形性斜頭症の小児は、一般集団と比較して斜視の有病率は増加しませんが、乱視の有病率は増加します。それに対して、非症候性頭蓋癒合症の斜頭症の小児は、斜視と乱視の有病率が共に増加します。」

ここでは紹介しませんが、実は斜頭症のお子さんは斜視になりやすいというレポートがあります。
以前、yahooブログで斜頭症のブログを書いていましたが、引越しする際に多くの記事を廃棄する事にしました。
それは、以前と今では医学的に考えられている内容が大きく変わったからです。
ですから、この論文は2003年のものなので当時はそう考えられていた、と考えると良い論文ですね。
あっ、念のため、乱視になりやすい、という考えは今も有効です。
要するに、斜頭症は眼科領域の有病率を上げるリスク因子になる、となるのです。

⑤ 斜頭症の赤ちゃんは中耳炎になりやすい

“Incidence of otitis media in children with deformational plagiocephaly.”
Journal of Craniofacial Surgery 20(5):1407-11.

Tympanogrametry showed a marked percentage of infants with deformational plagiocephaly to have eustachian tube dysfunction.
「ティンパノグラメトリーにより、変形性斜頭症の乳児において顕著な割合で耳管機能障害が認められました」

Tympanogrametryというのは鼓膜の動きを調べる検査のこと。
論文では124人中121人が異常なティンパノグラムを持っていたとなっています。
斜頭症の赤ちゃんは耳道の位置が変形により耳管が移動する事が分かっています。
この時間は中耳の排液に関係するのですが、斜頭症のお子さんは耳管がこの変形とともに移動するため、耳管の正常な排液に影響を与えていると考えられるのです。

斜頭症の赤ちゃんは中耳炎を繰り返したりなかなか良くならないケースが少なくありません。
そうならないためにも斜頭症/短頭症は早めの改善をご検討ください。

⑥ ヘルメット療法は赤ちゃんの発育を抑制するのか?

”Assessing Calvarial Vault Constriction Associated With Helmet Therapy in Deformational Plagiocephaly“
J Neurosurg Pediatr. 2018 Aug;22(2):113-119.

“These results strengthen previous research supporting helmet safety and should allow health care providers and families to choose the appropriate therapy without concern for potential negative effects on cranial growth.”

要するに、ヘルメットの安全性を支持し、医療従事者および家族はヘルメット療法が頭蓋骨の成長に対する潜在的な悪影響を懸念せずに選択する事ができると理解して、赤ちゃんにとって適切な治療法を選択できるようにすべきであるとしています。

小児科医もヘルメット療法を有害だと懸念を持っている方が少なくありません。
斜頭症のお子さんを持つご両親は、デマに惑わされず、きちんとしたエビデンスに基づいたアドバイスを得られるようにしたいものですね。

⑦ なぜ両親の感覚と医療機関の診断結果にズレが生じるのか?

”Assessment of facial and cranial symmetry in infants with deformational plagiocephaly undergoing molding helmet therapy“
Journal of Cranio-Maxillofacial Surgery , Volume 48, Issue 6, June 2020, Pages 548-554

“No correlation was found between facial and cranial asymmetry.”
「顔面と頭蓋の非対称性の間に相関関係は見つかりませんでした」

長く斜頭症の矯正に携わっていますと、ご両親が感じているお子さんの頭の形と医療機関の診断結果に大きなズレが生じる事が少なくないと感じています。
私のところの調査では3割ほどのご家庭でこのようなズレを感じているようです。
実際に見た目でレベル3以上はある、と感じても医療機関の診断結果はレベル2でヘルメット治療の適応ではないと言われヘルメット療法を断念して私のところに来るケースも多いです。
何故、こういった結果が引き起こされてしまうのかというと、親御さんは顔の左右差というものも見て判断するのに対して医療機関の診断は“Cranial Vault Asymmetry Index (頭蓋非対称性インデックス)“というものを用いており、これは顔面の非対称性を考慮していないからです。

私は90年代から小顔矯正というものを手掛けていますが、その後しばらくして斜頭症の矯正を行っていました。
その当時から頭蓋骨の非対称性は顔面の非対称性と密接な関係を持つ事に気が付いておりこれらを融合して施術を行なってきました。
「べびきゅあ」にお越しの方はご存知かと思いますが、頭蓋の左右差だけでなく顔面の非対称性を含めての説明を行うようにしているのです。

さて、この論文では顔の左右差があっても必ずしも頭蓋の非対称性とリンクするものではないと結論付けています。
念のため、ですが頭蓋の非対称性を矯正することで顔面の非対称性が改善されるという論文は既に発表済みですから論文全体を読めば分かりますが、頭蓋のインデックスと顔面のインデックスに関係ないという主旨ではありません。
ヘルメット療法だけで顔面の非対称性が改善されるものではないのですが、例えレベル2の斜頭度であっても斜頭症の矯正が顔面の非対称性に良い影響を与えるのは言うまでもないのです。
次いでですので、ここで顔面の非対称性の矯正について書かせて頂きますが、乳児だけでなく3歳未満のお子さんの顔面の矯正は行ってはいけません。
何故なら、この時期に顔面の矯正を受けると大人になるまでに顎関節の変形を引き起こすリスクが高いからです。
それなので顔の左右差が気になる場合は、最初は頭蓋変形の矯正を受け3歳以降に顔面矯正を受ける事をお勧めしているのです。

脱線しましたが、親御さんは顔面の非対称性も含めてお子さんの斜頭を考えているが、医療機関では頭蓋の非対称性のみで判断している事によりズレが生じており、斜頭症を診断するにはCVAIは不十分なインデックスだと言えそうです。
尚、顔面と頭蓋両方の非対称性を考えるのは3Dインデックス(3DAI)と言うものを用いますが、2020年時点、日本国内では「べびきゅあ」のみが用いています。ですが2025年には日本でも主流の考え方になりそうです。

その他のコンテンツ

アクセスマップ